・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

CD-ROMCompact Disc Read Only Memory

CD-ROMとは、コンパクトディスク(CD:Compact Disc)の規格の一つで、コンピュータなどが扱うデータを記録した読み取り専用ディスク。サイズと記憶容量は何種類かあるが、通常使われるのは直径12cmで容量700MBメガバイト)のものがほとんど。

 

データの記録は製造工場の専用の装置で行われ、製造時に記録されたデータを利用者側で消去、追記、上書きすることはできない。同じ内容のディスクを大量に生産する商業的なソフトウェア製品、家庭用ゲーム機向けのビデオゲームソフトなどの販売用によく用いられる。

主な仕様

他のCD規格と同じように直径8cm、12cmのディスクがあり、記録容量は当初185MB(8cm) / 650MB(12cm:音楽74分相当)が主流だったが、後に210MB(8cm) / 700MB(12cm:80分相当)が一般的となった。現在一般的に用いられるのは12cm、700MBの規格のみである。

音楽CDで1トラックに相当する領域にデータを記録し、他のトラックに音楽を記録することもできる。ただし、データトラックを音声として再生しようとするとスピーカーが損傷したりソフトウェアが予期しない動作をする危険がある。ファイルシステムについては規定がなく、ISO 9660など別の規格が用いられることが多い。

読み込み速度

データの読み出し速度はドライブ装置によって異なり、当初は150kB/s(キロバイト毎秒)の装置(現在では等速や1倍速と呼ばれる)が製品化されたが、以降その整数倍で高速化していき、現在では最大で52倍速(7.8MB/s)の製品が存在する。これ以上高速に回転させるとディスクが物理的に破損するため、この速度が物理的な上限となっている。

歴史

1985年にソニーと蘭フィリップス(Philips)社が通称「Yellow Book」(イエローブック)と呼ばれる規格書を発行した。1989年にはISO/IEC 10149として国際標準となり、日本でも同様の内容がJIS X 6281として国内標準となっている。その後、特定の用途に向けて記録データの形式を規定したCD-IやCD-ROM XAなどの拡張規格も発表されたが、あまり普及しなかった。

他の辞典による解説 (外部サイト)