・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

CD-ROMドライブCD-ROM drive】 CDドライブ / CD drive

CD-ROMドライブとは、コンピュータの部品あるいは周辺機器の一つで、光学ディスクCD(Compact Disc)からデータを読み込むことができるもの。

 

CDはプラスチック製の穴の空いた円盤状のデータ記憶媒体で、CD-ROMドライブ内で高速に回転させ、盤上から光学ヘッド(光ピックアップ)でレーザー光を照射して反射光を測定することによりデータを読み出すことができる。ディスクの挿入方式の違いにより、蓋が上に開くトップローディング、専用のカートリッジにディスクを収めて挿入口から差し込むキャディローディング(トレイローディング)、挿入口に直接ディスクを差し込むフロントローディングなどの種類がある。

これに対し、記録可能なCDであるCD-RCD-RWへの書き込みや消去などに対応したドライブ装置のことはそれぞれCD-Rドライブ、CD-RWドライブなどと呼び、CD-ROMドライブとしての読み出し機能も兼ね備えている。また、DVDドライブブルーレイドライブなど、CD以降に考案された新しい光学ディスク規格のドライブ装置のほとんどもCD-ROMドライブとしての機能を兼ねている。

他の辞典による解説 (外部サイト)