・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

通信速度communication speed】 回線速度 / line speed / 伝送速度

transmission speed / 転送速度

通信速度とは、通信回線が単位時間あたりに送受信できるデータ量。通信速度が高いほど短時間に大量のデータを送ることができ、快適に通信を行うことができる。

 

主に1秒間に伝送できるビット数である「ビット毎秒」(bps:bits per second)、1秒間に伝送できるバイト数である「バイト毎秒」(B/s:Bytes per second)の二種類が用いられる。ビット毎秒はコンピュータ間の通信に、バイト毎秒はコンピュータ内部の通信に用いられることが多い。

現在では1バイトは8ビットであるため、1バイト毎秒は8ビット毎秒に相当する。1バイトのビット数がシステムごとに様々だった時代の名残りで、正式な規格書などでは誤解の余地が無いようにバイト毎秒の代わりに「オクテット毎秒」(octet per second)を用いる場合もある。

現代のコンピュータや通信回線は高速にデータを伝送できるため、ビット毎秒やバイト毎秒をそのまま使うと値が大きくなりすぎる。このため、重さや長さなどと同じようにSI単位系の接頭辞(1000倍を表す「キロ」など)を先頭につけて大きな単位を構成する。

それぞれの1000倍を「キロビット毎秒」(kbps)「キロバイト毎秒」(kB/s)、100万倍を「メガビット毎秒」(Mbps)「メガバイト毎秒」(MB/s)、10億倍を「ギガビット毎秒」(Gbps)「ギガバイト毎秒」(GB/s)、1兆倍を「テラビット毎秒」(Tbps)「テラバイト毎秒」(TB/s)という。

通信の実効速度や体感速度は通信速度に最も大きく影響を受けるが、送信側が伝送を開始してから(あるいは、受信側が送信要求を送ってから)受信側に最初のデータが到着するまでの待ち時間(レイテンシ/遅延時間)にも影響され、大陸間や衛星を介した通信など極めて遠距離間の通信では特に大きく影響する。

他の辞典による解説 (外部サイト)

IT関連の単位

略号 英表記 読み 意味
b bit ビット 情報量の最小単位
B byte バイト 情報量 1byte = 8bit
octet オクテット 情報量 1octet = 8bit
nibble ニブル 情報量 1nibble = 4bit
word ワード 情報量 大きさは処理系による
bps bits per second ビット毎秒 通信速度
B/s (Bytes/s) bytes per second バイト毎秒 通信速度 1B/s = 8bps
baud ボー 変調速度
dpi dots per inch 画素毎インチ 解像度
ppi pixels per inch 画素毎インチ 解像度
cpi characters per inch 文字毎インチ 解像度
cps characters per second 文字毎秒 印字速度
ppm pages per minute ページ毎分 印字速度
fps frames per second フレーム毎秒 画面の書き換え速度
pps pulse per second パルス毎秒 電話の発信速度
pps packets per second パケット毎秒 パケット処理・転送速度
dot ドット 画素数
pixel (px) picture element ピクセル 画素数
bpp bits per pixel ビット毎ピクセル 色深度
Q 文字の大きさ 1Q = 0.25mm
lpi lines per inch ライン毎インチ 走査性能
pica パイカ 文字の大きさ 1pica = 12point
point ポイント 文字の大きさ 1point = 0.3514mm
em エム 文字の大きさ 1em = "M"の幅
en エン 文字の大きさ 1en = 0.5em
rpm revolutions per minute 回転毎分 回転数
Hz Hertz ヘルツ 周波数
dB decibel デシベル 信号のパワー比や強度比
MIPS million instructions
per second
ミップス CPU命令の実行速度
FLOPS floating point operations
per second
フロップス 浮動小数点演算実行速度
U unit ユー サーバラックの1段、1U=1.75インチ

単位の接頭辞

略号接頭辞読み倍率
Yyotta-ヨッタ1024
Zzetta-ゼッタ1021
Eexa-エクサ1018または 260 = 1,152,921,504,606,846,976倍
Ppeta-ペタ1015または 250 = 1,125,899,906,842,624倍
Ttera-テラ1012または 240 = 1,099,511,627,776倍
Ggiga-ギガ109または 230 = 1,073,741,824倍
Mmega-メガ106または 220 = 1,048,576倍
k*kilo-キロ103または 210 = 1,024倍
hhecto-ヘクト102
dadeca-デカ101
ddeci-デシ10-1
ccenti-センチ10-2
mmilli-ミリ10-3
µmicro-マイクロ10-6
nnano-ナノ10-9
ppico-ピコ10-12
ffemto-フェムト10-15
aato-アト10-18
zzepto-ゼプト10-21
yyocto-ヨクト10-24
* 小文字のkを103倍、大文字のKを210倍として使い分ける場合がある

▼ IECの定めた2進専用接頭辞

略号接頭辞意味読み倍率ビットバイト
Yiyobi-yotta-binaryヨビ 280Yib/Yibits:ヨビビット YiB/YiBytes:ヨビバイト
Zizebi-zetta-binaryゼビ、ジービ 270Zib/Zibits:ゼビビット ZiB/ZiBytes:ゼビバイト
Eiexbi-exa-binary エクスビ、イクスビ260Eib/Eibits:エクスビビットEiB/EiBytes:エクスビバイト
Pipebi-peta-binary ペビ、ピービ 250Pib/Pibits:ペビビット PiB/PiBytes:ペビバイト
Titebi-tera-binary テビ、ティービ 240Tib/Tibits:テビビット TiB/TiBytes:テビバイト
Gigibi-giga-binary ギビ 230Gib/Gibits:ギビビット GiB/GiBytes:ギビバイト
Mimebi-mega-binary メビ、ミービ 220Mib/Mibits:メビビット MiB/MiBytes:メビバイト
Kikibi-kilo-binary キビ 210Kib/Kibits:キビビット KiB/KiBytes:キビバイト
* 従来の接頭辞が10の累乗倍としても2の累乗倍としても使われ混乱しているため、2の累乗倍に限ってこの接頭辞を使うよう提唱している。