・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

光ピックアップoptical pick-up】 光学ヘッド

光ピックアップとは、CDDVDBlu-ray Discなどの光学ドライブデータの記録や読み取りを行うためのレーザー光源と受光部を合わせた装置。磁気記憶装置における磁気ヘッドに相当する装置。

 

光学ディスクの表面(正確には透明な保護層の裏)には同心円状あるい渦巻状に溝(ピット)が掘られ、これに沿って微細な凹凸(化学的な性質の変化で代替することもある)が設けられている。ドライブ内で軸(スピンドル)に固定して高速で回転させながら、記録面に光ピックアップを近接させて信号の読み書きを行う。

ピックアップ内部のレーザー光源から送出されたレーザー光は、ディスクの記録面上でスポットが最小となるよう調整される。記録面上で反射したレーザー光は、ピックアップ内部のフォトディテクタ(photo detector)で集光され、信号に変換される。

CDでは波長790nm(ナノメートル)の単一波長のレーザー光を用いていたが、DVDでは波長650nm、Blu-ray Discでは波長405nmのレーザー光を用いる。このため、複数の規格に対応した光学ドライブは、ピックアップを複数搭載したり、複数のレーザー光源を内蔵したピックアップを搭載している。