・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

メガバイトmegabyteMB / MByte / Mバイト

メガバイトとは、データ量の単位の一つで、100万バイトまたは104万8576(220)バイト。「MB」「MByte」等の略号で示される。

 

SI単位系の接頭辞は1000(103)倍ごとに規定される(1メガヘルツは100万ヘルツ等)ため、この定義によれば1メガバイトは100万(106)バイトとなるが、情報技術の分野では2の倍数や2のべき乗の方が取り扱う上で都合が良いことが多いため、慣用的に1024倍(210)ごとに接頭辞を切り替えることがあり、その場合は1メガバイトが220バイトとなる。

メガビットとの関係

1メガバイトはビットに換算すると8メガビット(megabit)に相当する。「MB」のように大文字の「B」をバイト、「Mb」のように小文字の「b」をビットとして書き分ける場合もあるが、データ量の単位としてはバイトの方が使う機会が多いため、メガビットを「Mbit」とすることが多い。

メガバイト毎秒

1秒あたり何メガバイト伝送できるかを表す通信速度の単位を「メガバイト毎秒」と呼び、「MB/s」(Megabyte per second)と表す。通信速度はビット毎秒で表す機会が多いため、「メガビット毎秒」(Mbps:Megabit per second)との混同を避けるためメガバイト毎秒を「MByte/s」のように表記することも多い。

メビバイト (MiB:mebibyte)

バイトの220倍を表す単位として「メビバイト」(MiB:mebibyte)がある。「メビ」(mebi)は “mega-binary” (メガバイナリ)の略で220倍を表す接頭辞。

IT分野で「メガ」は106倍と220倍の意味が混在して混乱していたため、IEC(国際電気標準会議)が220倍のみを意味する接頭辞としてメビを制定し、メガは本来の定義通り106倍のみを表すよう勧告した。ビットの220倍は「メビビット」(mebibit)、バイトの220倍は「メビバイト」(mebibyte)となる。

他の辞典による解説 (外部サイト)