・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

フロントローディングfront-loading

フロントローディングとは、前倒しの、前面挿入式の、という意味の英単語。

 

プロジェクト管理や業務プロセスなどでフロントローディングという場合、序盤の工程に集中的に資源を投下して完成度を高め、後工程の負荷を軽減する手法を指す。

特に工業製品の設計・開発などでよく用いられる考え方で、仕様策定や設計など初期の工程のうちに試作や量産など後工程で発生しそうな問題の検討や改善などにも前倒しで取り組むことで、品質の向上や工期の短縮などを推進する手法である。

仕様や設計の固まった後工程で問題が発覚すると前の工程からやり直さなければならなくなったり、調整や改善の余地が限られたりするため、初期の工程で後工程の事情を織り込んで集中的に作りこみを行うことで、その後の工程をスムーズに進めることができるとされる。

光学ディスク装置などのフロントローディング

CDDVDBlu-ray Discなど光学ディスク装置に見られるディスクの挿入方式の一つで、機器の筐体前面(側面)からディスクを挿入する方式をフロントローディングということがある。ドライブ装置の前面に細長いスリット状の挿入口があり、ここにディスクを差し込んで内部で固定することで読み書きを行う。

挿入口からトレイやキャディが前面にせり出し、これにディスクを入れて戻すタイプの装置(トレイローディング、キャディローディング)と、スリット自体に直にディスクを挿入するスロットローディング方式の装置がある。これに対し、筐体上面にドライブ装置があり、蓋が開いて上からディスクを入れるタイプの装置を「トップローディング」(top-loading)という。

他の辞典による解説 (外部サイト)