・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

ファイルfile

ファイルとは、コンピュータにおけるデータの管理単位の一つで、ストレージ装置(外部記憶装置)などにデータを記録する際に利用者OSから見て最小の記録単位となるデータのまとまり。

 

利用者がコンピュータを用いて記憶媒体にデータを保存、読み込み、移動、削除などする際に一つのまとまりとして取り扱うデータの集合を表し、OSの一部であるファイルシステム(file system)によって管理される。ハードディスクSSDUSBメモリ光学ディスクCD/DVD/Blu-ray Disc)などの記憶装置媒体を利用する際に用いられるほか、コンピュータと周辺機器の間やコンピュータ間の通信においてもデータの送受信単位として利用されることが多い。

ファイルシステムは記憶媒体内でファイルの作成や削除、上書き、移動、複製などを管理する仕組みで、複数のファイルをまとめて一つの集まりとして扱う「フォルダ」(folder)や「ディレクトリ」(directory)などの入れ物(領域)を作成することもできる。フォルダやディレクトリを他のフォルダやディレクトリに作成し入れ子状にすることもでき、記憶媒体全体を階層構造に分割して管理する。

ファイルにはそれぞれ固有のファイル名が付けられ、これを用いて識別・指定される。多くのOSではファイル名の末尾にファイルの種類や形式を表す「拡張子」(extension)と呼ばれる数文字の英数字の符号が付与される。コンピュータの操作画面ではファイルは記憶媒体内での位置(パス)やファイル名で表示され、キーボードなどからパスやファイル名を指定して操作する。グラフィック表示を用いるGUI(Graphical User Interface)を備えたOSではファイルは種類によって異なるアイコン絵文字)とファイル名によって表示され、マウスなどでアイコンを指し示して操作を行う。

ファイルに記録されるデータの形式や書式ファイルフォーマット)は作成したソフトウェアによって様々だが、大きく分類すると「バイナリファイル」(binary file)と「テキストファイル」(text file)に分かれる。バイナリファイルは特に制約なくあらゆるビットパターンを記録できる自由な形式で、その形式に対応したソフトウェアでなければ何が記録されているか知ることができない。テキストファイルはデータを文字情報として記録したファイルで、文字コード規格で規定されたコードに従ってデータを文字列に置き換えて記録する。対応ソフトがなくてもどのような文字が記録されているかは見ることができる。

ファイルはファイルシステムに記録される際に様々な属性や付加情報と共に記録され、作成日時や更新日時、作成者、各利用者のアクセス権限などが記録、設定される。また、多くのOSではファイルに「読み取り専用」属性を付与でき、解除されるまで削除や上書きができなくなる。また、「隠しファイル」に設定されたファイルは通常の動作モードでは利用者に表示されなくなる。

他の辞典による解説 (外部サイト)