・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

パスpath】 パス名 / path name

パスとは、小道、道筋、進路、通り道などの意味を持つ英単語で、ITの分野では、コンピュータ内で特定の資源の所在を表す文字列のことをパスという。ストレージ(外部記憶装置)内でファイルディレクトリフォルダ)の位置を表すのに用いられるが、他の用途でも使われる。

 

ストレージの内部は、多数のファイルをグループ分けして整理しやすいように、複数のファイルを格納できる「ディレクトリ」(directory)が多段階の入れ子状になった構造になっている。これを階層構造と捉えて、最上位から順にディレクトリ名を並べて記したものがパスである。

例えば、UNIX系OSで「/foo/var/hoge.txt」というパスは、ルートディレクトリ(最上位ディレクトリ)にある「foo」ディレクトリの中の「var」ディレクトリの中にある「hoge.txt」というファイルを指している。Windowsでは先頭をドライブ名区切り文字を「\」(日本では円マーク、欧米ではバックスラッシュ「\」)として「C:\foo\var\hoge.txt」(Cドライブのfooの中のvarの中のhoge.txt)のように表す。

特殊なパス

パスが最もよく使われるのはファイルシステムで管理されるストレージにおけるファイルやディレクトリの位置の記述だが、ストレージ以外の周辺機器などを指し表す特殊なパス表記が使われることもある。

例えば、UNIX系OSでは /dev 以下のパスには周辺機器や標準入出力、特殊な機能(出力を捨てるための/dev/null等)にアクセスできるスペシャルファイルが置かれており、Windows(および前身のMS-DOS)でも画面出力を表す「con」やプリンタを表す「prn」など特殊なパス(予約デバイス名)が存在する。

また、UNIX系OSでは個々の利用者のためのスペースとしてホームディレクトリが設けられ、標準的には「/home/アカウント名」という位置に置かれるが、自分のホームディレクトリは「~」(チルダ)という特殊な記号で表すことができる。すなわち、「~」の指し示すストレージ内での位置はログインしているユーザによって異なる。

相対パスと絶対パス

現在操作対象としているディレクトリ位置(カレントディレクトリ)を起点に、相対的な位置を記述する記法を「相対パス」(relative path)、階層構造の頂点(ルートディレクトリ)からの位置を記述する記法を「絶対パス」(absolute path)という。

相対パスは現在位置を「.」、一つ上の階層の親ディレクトリを「..」という特殊な表記で表し、「./hoge.txt」(カレントディレクトリにあるhoge.txt)や「../../hoge.txt」(2階層上のディレクトリのhoge.txt)のように書き表す。

UNC

Windowsではパスの表記をネットワーク上の他のコンピュータの共有資源に拡張したものとして「UNC」(Universal Naming Convention)が定められている。

これは先頭に「\\コンピュータ名\共有名」を付けたもので、残りはそのコンピュータ内でのパスが続く。これにより別のコンピュータの共有フォルダの中のファイルや共有プリンタなどを通常のパスと同じように書き表すことができる。

他の辞典による解説 (外部サイト)