・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

コンピュータウイルスcomputer virus

コンピュータウイルスとは、コンピュータの正常な利用を妨げる有害なコンピュータプログラムソフトウェア)の一種で、他のプログラムの一部として自らを複製し、そのプログラムが起動されると便乗して悪質な処理を実行に移すもの。

 

生物の体に潜り込んで害を成す微生物のウイルスに似ていることからこのように呼ばれ、コンピュータ関連の文脈であることが明らかな場合は単に「ウイルス」と呼ばれることも多い。広義には不正・有害なソフトウェアの総称として用いられることがあるが、本来これは「マルウェア」(malware)と呼ぶべきであるとされる。

コンピュータウイルスは自ら単体のプログラムとして起動する能力はなく、「宿主」となる他の(正常な)プログラムの一部として自らを「感染」させ、その動作を改変して起動時に自らを実行するよう仕向ける。感染したプログラムが起動されると様々な不正・有害な処理を行うほか、他のプログラムへ自らを複製して次々に増殖していく。コンピュータウイルスに感染したプログラムが持ち運び可能な記憶媒体インターネットなどの通信ネットワークを通じて他のコンピュータで起動されることにより、別のコンピュータへ次々に感染が広まっていくこともある。

コンピュータウイルスは記憶装置に保存されたプログラムやデータを破壊、改変、消去したり、秘密あるいは重要なデータを利用者の知らないうちにネットワークを通じて外部に送信したりといった不正・有害な動作を行う。これらは感染後すぐに実行するとは限らず、一定時間の経過後や指定された日時に実行したり、システムの状態を監視して何らかの条件が満たされると実行するものもある。稀に、繰り返し感染するだけで何も有害な振る舞いを行わない愉快犯的なものもあり、これをコンピュータウイルスとみなさない場合もある。

コンピュータウイルスに感染したプログラムを発見し、また、感染前の状態に戻したりする働きをするソフトウェアを「アンチウイルスソフト」(anti-virus software)あるいは「ワクチンソフト」(vaccine software)などと呼ぶ。これらは、あらかじめ登録されたプログラムコードのパターンがプログラムに含まれないか調べたり、コンピュータウイルスに特有の不正な動作をするコードを探り出すことによりコンピュータウイルスを検出し、除去が可能な場合は感染したプログラムからウイルス部分を消去して正常な状態に戻す。

これに対し、他のプログラムに感染などはせず自ら単体のプログラムとして起動し、主にネットワークを通じて他のコンピュータへの感染を広める不正なプログラムを「ワーム」(worm)、一見何か有用な働きをするソフトウェアのように振る舞うが、その裏で利用者に気づかれないように有害な動作を行うプログラムを「トロイの木馬」(Trojan horse)という。実際にはこれらを含めてコンピュータウイルスと総称することも多い。

他の辞典による解説 (外部サイト)