・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

コマンドcommand

コマンドとは、命令(する)、指揮(する)、指令、支配(する)などの意味を持つ英単語。ITの分野では、人間からコンピュータへ、あるいは機器間、ソフトウェア間などで交わされる、実行すべき処理の指示や依頼などのことをコマンドということが多い。

 

OSのコマンド

単にコマンドと言った場合、コンピュータの利用者OSシェルに与える文字列による命令のことを指すことが多い。多くのOSに実装されている機能で、「指定した文字列を表示する」「ファイルをコピーする」など、コンピュータの基本的な操作や管理の手段を提供する。

一般的なコマンド文は、何を実行するのかを表すコマンド名に続けて、操作対象や処理内容の詳細を伝える部分(引数、オプション、フラグパラメータ)を記述する形式になっていることが多い。それらをどのような形式で記述すべきかはコマンドごとに決まりがあり、その通りに記述しなければ実行されなかったり誤作動する。コマンド名のみで実行される単機能のものもある。

例えば、UNIX系OSで「ls -l /home/foo」と記述した場合、lsコマンド(指定されたディレクトリの内容を一覧表示する)について、「/home/fooディレクトリを対象とする」「一列で表示する」(-lオプション)という指示の詳細が付加されている。

コマンドラインインターフェース

ほとんどのOSには、利用者がキーボードでコマンドを入力し、システムが結果を画面に文字で表示する対話的な操作環境が用意されており、「コマンドラインインターフェース」(CLI:Command Line Interface/インターフェースインタプリタとも)「コマンドプロンプト」(command prompt)などという。

UNIX系OSではデフォルト(標準)の操作環境がコマンド対話形式であるため、これを単にシェルということが多い。OS以外でも、ソフトウェアの操作環境や管理ツールなどで対話的なコマンド形式を採用しているものは多い。

内部コマンドと外部コマンド

コマンドを受け取ったシェルプログラムが解釈・実行することができるものを「内部コマンド」、シェル自体にはその機能がなく、外部のプログラムを起動して実行させるものを「外部コマンド」という。記法などは共通で同じように利用できるが、外部コマンドはコマンド名が起動するプログラムの実行可能ファイル名(正確にはストレージ内での所在を示すパス)となっている。

OS以外のコマンド

OSのコマンドに限らず様々な分野で、機器やソフトウェア、システムなどに対し指示や命令を一定の形式で記述したもの(あるいは、人間が入力装置で一定の操作を行ったもの)をコマンドという。例えば、コンピュータの制御装置(や制御ソフトウェア)が周辺機器に動作内容を指示するデータや、ビデオゲームでプレイヤーがキャラクターに行動を指示する操作などをコマンドということがある。

他の辞典による解説 (外部サイト)