・イゥ`・ ・ケ・・テ・ネ

アライメントalignment】 アラインメント

アライメントとは、整列、一列に並ぶ/並べること、一列に並べたもの、調節、調整、協力、団結、連合、提携、などの意味を持つ英単語。

 

記憶領域のアライメント

メモリストレージなどの記憶装置データを書き込む際、書き込むデータの大きさや先頭の位置(アドレス)を、装置の管理単位の整数倍になるように調節することをアライメントという。

例えば、4バイト単位でメインメモリを管理してるコンピュータで、メモリ上に置くデータの先頭アドレスが4の倍数になるように調節する。こうすることで、装置がデータの読み書きを効率良く行うことができるようになり、処理効率の向上が見込める。

文書レイアウトのアライメント

文書やWebページなどのレイアウトで、文字や画像などの要素を領域内のどこに合わせて配置するかをアライメントということがある。要素を領域の左端に配置することを「左寄せ」「左揃え」、中央に配置することを「中央寄せ」「中央揃え」「センタリング」、右端に配置することを「右寄せ」「右揃え」などという。

文字列の場合は字間を調節して文字列の両端が領域の左右端にそれぞれ接するよう配置する「両端揃え」(ジャスティファイ/ジャスティフィケーション)が行われることもある。

他の辞典による解説 (外部サイト)